青森ヒバ 名刺入れ

2010年10月28日 06:33

591_1_13.jpg

古くから社寺仏閣、城の築材として珍重されてきました。

柑橘系の香がとってもいいかんじです。

耐久性、抗菌性に優れた材で有名です。

約百万年前ごろ、現在の「青森ヒバ」の祖先が出現したといわれています。

「ヒバ」は、大きく区分すると北方型と南方型に分れます。

青森ヒバ」は北方型で学名(和名)を「ヒノキアスナロ」といい、

本州中部以西にある南方型を「アスナロ」といいます。

青森ヒバ」は「アスナロ」に比べ蓄積も豊富で材質的にも優れており、

古くから社寺仏閣、城の築材として珍重されてきました。

樹種:青森ヒバ
サイズ:縦10.6×横6.8×厚み1.2センチ
重さ:約25グラム
産地:青森県
塗装:自然Oil塗装
製造:日本

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://zaimokuyasan.blog62.fc2.com/tb.php/407-4abede88
    この記事へのトラックバック

    最近の記事