脂(ヤニ)の処理について

2009年07月10日 01:17

ここのところ無垢材の脂(ヤニ)の処理について

よく聞かれますので、また書きます。

昔から言われているのは

アルコール又はお酒で拭く。

ウエスに染ませてヤニを満遍なく伸ばすという感覚(皮膜を作る)です。

肥松などは、ごま油や洋酒(ウイスキーやブランデーなど)で

拭くことによってより肥松の良さを引き出すとも言われたほどです。



ただ、今現在多用されている米松や赤松などは

先に記したような色つきのお酒類で拭くというよりは

無色透明のお酒やアルコールで拭くと言われています。



※あくまで、アルコール類で「拭き取る」のではなく「拭き伸ばす」という感覚です。



商品を設置している場所が直射日光を浴びる場所でしたら

ヤニは出続けますので放っておくと雫が垂れる状態になりますので注意してください。



無垢を大切に育てたいと思われる方には

無塗装品(勿論メンテナンス方法を伝授する必要があります)。

無垢材は一生物です。

人間と同じで日々変化します。

どう育てるかはあなた次第です(^^)

手間を惜しめばそれなりに

手間をかけてあげれば、かけただけあなた色になってきます。



フローリングはフローリング ショールーム

ご覧いただけます。

五感を聞かせて

是非お立ち寄りください。

年中ほぼ無休です!

お仕事終わられてから見たいです!なんてお声にも柔軟に対応しております。

日曜祝日などは出払う事が多くなりますので

必ず確認の上ご来場お待ちいたしております!

電話はこちらです!↓

072-854-0110



 

材木屋さんが厳選した世界各地の無垢フローリングをお届けします。

常設国産無垢フローリングショールームできましたよ!

フローリング ショールームのご予約はこちらから→フローリング ショールーム



banner2.gif
人気ブログランキングに参加中!ぽっち!っとクリックお願いします(^^)

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://zaimokuyasan.blog62.fc2.com/tb.php/160-d3caa5d8
    この記事へのトラックバック

    最近の記事