無垢材とヤニ

2009年01月24日 02:40

無垢材のヤニについて

パイン系及び桧など針葉樹系には

無垢材特有の「ヤニ」が出ることが多々あります。

お客様より

「ヤニが出る。ヤニにゴミが着いて汚くなる」

というご相談が来る場合があります。

しかしながら

ヤニを持っている無垢材からヤニが出てくるのは仕方が無いことなのです。

製造されてます何処の業者も

製品にする際にはヤニが出にくい処理をしていますが、

環境が高温多湿になると殆どの場合ヤニは出てくるものです。
 
このヤニがあることによって

皮膜を作り製品を長持ちさせると同時に自然な艶を出す効果もあるわけです。

ヤニは天然の木材なら木質部が多いほど出てきます。

木材を採用する=お手入れが大切になってきます。

お手入れをするほどその商品は

長持ちし、少しずつ表情を変えながら存在感を出してまいります。

それが、本来の木材の良さなのです。

次回は出てしまったヤニの処理について綴ります(^^)



banner2.gif
人気ブログランキングに参加中!ぽっち!っとクリックお願いします(^^)

コメント

  1. きらく | URL | -

    やっかいな

    ヤニですが…
    木が生きているって思いますよね!!

    ヤニの処理方法を教えてくださいね!!

  2. tarou | URL | q9vW16Ng

    Re: 残念ですね!

    どんぐりさん!

    おはようございます。
    そんなことを理解してなくて使う人は
    とても残念ですね。

  3. どんぐり | URL | -

    Re: 無垢材とヤニ

    >きらくさん
    木は生き物ですよね!
    ちゃんと伝えていかなくてはいけませんよね^^


    >tarouさん
    理解していただけるよう
    伝えることが大事ですね^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zaimokuyasan.blog62.fc2.com/tb.php/100-cabb2544
この記事へのトラックバック

最近の記事