FC2ブログ

無垢材は腐る?

2011年06月14日 06:29

無垢材(木)は腐る

しかし

腐らずに何百年も

腐らずに使用されてる無垢材もあります。

なぜでしょうか?

腐る原因。

それは腐朽菌(フキュウキン)。

腐朽菌には4つの生育条件が必要で

適度な

酸素・温度・栄養分・水分が必要となり

このうち一つでも欠けてしまうと

腐朽菌は繁殖せずに

無垢材(木)は腐りません。

例をあげると

温度が0度以下になれば腐朽現象はおきません。

しかし

このような条件の中ばかりで使用されることは少ないので

腐朽を防ぐために何を管理すればよいか?

酸素・温度・栄養分・水分の中から

どれか一つでも欠けると生育しません。

この中の一つを管理してあげればいいんです。

酸素?空気中にはたくさんあるし、暮らしの中で遮断は厳しいです。

温度?エアコン管理の中限定なら可能かも?しかしコスト高。

栄養分?無垢材(木)に予め存在するので厳しい。

水分?無垢材(木)を乾燥させてあげればいいのです。
    
比較的4つの中で現実的に簡単なのは水分の管理です。

しっかりと充分な乾燥、含水率を15パーセント以下にする事により

腐朽菌は繁殖せずに

無垢材(木)は腐りません。



「無垢材(木)は腐る」のではなく

無垢材にやさしい使い方をしてあげると

腐らずに長年使用できます。

最近の記事