FC2ブログ

無垢フローリングと経年変化

2009年06月15日 02:41

無垢フローリング(無垢材)は経年変化で必ず変色してしまいます。

購入時の一番最初の色は

紫外線や蛍光灯などの影響などで維持しません。

『変色する』から悪いのではなく

それもまた無垢フローリング無垢材)の良いところです。

お手入れをちゃんとすることで

色彩も深みのある色になり

艶もでて

落ち着いた風合いになります。

よく『味が出る』等といいますが

『味』もきちんとお手入れ(メンテナンス)をすることで、綺麗に出てくるものです。




お手入れの仕方

自然素材系のWAXが色々と出回っていますが

どれが一番いいとかはなく

ご自身にあったものをお使いください。

各メーカーさんどれもいいものばかりですが

臭いの好き嫌いがあるかと思いますので

必ずサンプルなどを取り寄せる等をして

確認することをお勧めします。

当社でのお勧めは

一度塗り、下地処理不要の蜜蝋ワックスです。

スポンジで塗りますが

伸びが良く

作業効率が良いので

業者の方はもちろん

一般の方にも気軽にお使いいただけます。

リピートの多い商品です。

木目の中まで浸透し、また表面にも皮膜をつくり、木のつや出し・防水・防汚効果に優れています。

生産過程も焼却後も環境に優しい自然素材です。

生産過程・充填過程でも化学薬品を使っておりません。

化学物質等でアレルギー反応のある方、小さなお子様がいらっしゃる方でも安心です。

ワックス自体に染料などは入っておりませんが、荏ゴマ油が木の中まで浸透し、木目が浮き出るような深い質感に変わります。



無垢フローリング無垢材)と長く付き合うには蜜蝋ワックス等で

お手入れをしてあげるようにしてください(^^)




  無垢床材
rogo



材木屋さんが厳選した世界各地の無垢フローリングをお届けします。

国産無垢フローリングショールームできましたよ!

フローリング ショールームのご予約はこちらから→フローリング ショールーム



banner2.gif
人気ブログランキングに参加中!ぽっち!っとクリックお願いします(^^)

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村

最近の記事