FC2ブログ

無垢材を知る

2008年04月12日 00:04

木を“育てて使う”

地球温暖化防止の役に立ってます。

どうして?

逆なのでは?

木が育つとき

森の木々は成長するときに光合成を繰り返します。

二酸化炭素(Co2)を吸収して

姿を変えて幹に蓄え

そして

空気中に酸素をたくさん放ちます!

この動きは

木が大きくなり

伐採され

木材になるまで休みなく続きます。

そして

自然のチカラで育つ木は

鉄やアルミニウムに比べて

断然に省エネルギーです。

木は木材になってからも

二酸化炭素(Co2)をしっかり中に封印します。

結果

地球温暖化防止の役に立つんです。

木を使って育てる。

今私たちにできることを

小さなことからコツコツと

母なる大地 地球の為に・・・。

みんなで止めよう温暖化!
わたしはチーム・マイナス6%です


banner2.gif
人気ブログランキングに参加中!ぽっち!っとクリックお願いします(^^)

最近の記事